ブランド・時計・中古市場ナビ » 翡翠 » 

翡翠のお手入れ方法

読了までの目安時間:約 2分

翡翠の、店頭に並んでいるものは一般的に輝きの改善を目的にワックス加工が行われています。

これは、多くの穴を持つ多孔石と言われる翡翠は、ワックスをつけて磨くと、その光沢が増すという性質があるからです。

そして、翡翠にとって最良のワックスとなるのが、人間の手からでる脂だとされています。

購入した後も、翡翠を磨いていくということは、つまりご自分の手で翡翠を良く撫でてあげること、使って上げる事なのです。

実際、翡翠の鑑別が行われる時には、ワックスの油か、人の手の脂分かは判断されないと言います。

何も油分がついていないか、また光沢があるかということだけが評価されるそうです。

一般的にプロが翡翠に専用の油分を補充する機会は、汚れを落とすようにクリーニングが行われた場合のみです。

ご自宅でも翡翠は台所用洗剤などで簡単に綺麗にお手入れできますが、お手入れ後は油分を補充すると良いでしょう。

翡翠は色が育つ宝石と呼ばれています。

持つ内に自分だけの色の石になっていくのも、愛着がいくのではないでしょうか。

翡翠が油分を落とすクリーニングをした後に、油分を補充されるのは感想をふせぐためです。

ご自宅では新鮮なオリーブオイルなどを薄く塗る程度でも良いでしょう。

普段から良く触ってあげることが、翡翠にとっては良い発色の元となります。

そうすることで売却時に宝石買取のジュエリーファンなどで査定額が期待できることもあるでしょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー